院長紹介

1625E.png

【院長】加藤直幸

【経歴】

1959年 名古屋市生まれ
1978年 愛知県立旭丘高等学校卒業
1986年 国立大学法人九州大学歯学部卒業
医療法人恵歯会入社(石垣島、つくば研究学園都市、山口県にて勤務)
1989年 現在地にてグリーン歯科開業


【所属学会】

日本口腔インプラント学会
日本歯科審美学会会員

 

【院長より一言】

「歯は一生の宝物、そして自然の歯が最も美しい」
これが私がいつも実際の治療や治療計画を立てるにあたって心がけていることです。

長年の臨床経験から、歯周病やむし歯を引き起こす病原菌のコントロール、問題のある咬み合わせへのアプローチ、生活習慣病の改善の指導によりほとんどの歯は抜かずに済むことを経験しています。歯科医師会では「8020運動」といって、80歳でも20本以上の歯を残す(通常成人の歯は28本)ことを目標とする運動をされているようですが、当医院では、80歳以上でも28本残っている方が数多くいらっしゃいます。今残っている歯をこれからもできる限り残し、ご自分の歯で食べ物を食べたいと思われる方は、ぜひ、当医院にご来院下さい。