「歯の痛み」の原因は「虫歯」だけではありません!

(1) 歯の表面に肉眼ではみえないようなヒビ。

日頃の強い咬み合わせや力を入れ過ぎてブラッシングした時に起きます。
冷たい水や風などでしみるような痛みがあります。
軽度であれば知覚過敏剤を歯の表面に塗るだけで治まります。
ぬるま湯程度でもしみるような場合は、「歯髄」(皆さんが「神経」と言っているもの)を取る必要があることもあります。
根本的な原因は主に食べる時の力の入れ過ぎ、くいしばり、悪い咬み癖などですから、それらを 改善していただきます。
また、夜間にくいしばり防止のためのマウスピースを使用していただくこともあります。

 

(2) 歯を支えている骨(歯槽骨:「しそうこつ」と言います)の損傷。
あるいは、歯と歯槽骨の間の靭帯(歯根膜:「しこんまく」と言います)の損傷。

強い咬み合わせが続いた時に起きます。
固い物を咬んだ時に「きゃっ」としたり、水や温かい物がしみることがあります。
また、歯がぐらついたり歯茎が腫れることもあります。
虫歯ではないのに歯髄を取って咬まないように咬み合わせを調整しなければ痛みがとれません。歯髄を取るときには麻酔がなかなか効きません。
根本的な原因は(1)と同じなので、歯髄の処置が終わって冠を被せた後は、咬み合わせに注意していただいたり、夜間マウスピースをはめていただきます。

 

実は(1)や(2)の場合、歯並びに問題があることが多く、小さい時に矯正治療をやっておけばよかったのにとか、今は咬み合わせ調整やマウスピースで経過を見ますが、根本的に治すには、矯正を取り入れたり全体的に冠を被せ直したりと大掛かりな治療が必要であると思うことが多々あります。


 

(3)その他

三叉神経痛、帯状疱疹、セロトニン分泌あるいは吸収障害などの神経経路の障害。

心因的なもの。

このような場合は歯髄を取っても痛みはとれません。